MENU

日本一わかりやすい!クレジットカード現金化について!

クレジットカード現金化。それは1950年代ほどからすでに日本では行われていた現金化の手法です。今に始まったわけではなく非常に昔からあった、いわば日本人にひたしみのある現金化方法です。

今回はクレジットカード現金化について興味のある方全てに分かっていただけるように説明していきたいと思います。ではクレジットカード現金化の解説行ってみましょう。

目次

クレジットカードはいつから使われているの?

クレジットカード (英: Credit card)(略語 (俗語) : カード)とは、商品を購入する際の後払い決済(支払)する手段のひとつ。または、契約者の(会員)番号、姓名、その他が記載・記録されたカードである。顧客のクレジット(信用)により後払いが可能な手段である。分割払い機能を持つものをクレジットカード、一回払いのものを欧米ではチャージカードと呼ぶこともある。それに対して、銀行口座に紐付けられ、口座預金を即時に決済に使用するカードは、デビットカードと呼ばれる。クレジットカードはその前身も含めて、アメリカ合衆国では約150年の歴史がある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なんとクレジットカードは150年もの歴史が。およそ1850年代にはこのシステムが生まれていたようです。ちなみに日本では江戸時代から月賦販売法が存在し、当時は高級だった漆器を分割で購入できるシステムを整えていたようです。難しい話に聞こえますが、ツケ払いのような雰囲気だったのでしょうか。

クレジットカード現金化はいつから?

日本国内ではおよそ1980年代からクレジットカード現金化の店舗が存在していたと思われます。当時は何を売買してお金にしていたんでしょうね?当時からファミコンなどを売買していたのでしょうか。非常に興味深いところです。
さらには1995年にWindows95の発表。それによりパソコンが普及し、ネット完結のクレジットカード現金化も増えたそうです。ただ、当時はまだまだインターネット黎明期。より普及したのはADSL回線が普及した2000年あたり。ちょうどiモードが爆発的に増えたところからスタートです。これにより、今まではパソコンやチラシでしか調べることの出来なかったことを、携帯電話で簡単に調べることが出来るように。それにより知名度が爆発的に増えました。

実は日本市民の生活に深く根付いている

携帯電話の普及からおよそ20年経ち、1Gから5Gへと進化を遂げスマートフォンという形でほぼ完成を迎えています。さらにはインターネット回線も光回線へ。このようにおよそ20年経つコンテンツは広い知名度を持ち、利用者数も増え、生活に根付いていると言って過言ではないと思います。
次にクレジットカード現金化の方法を解説します。

クレジットカード現金化の方法とは

クレジットカード現金化の方法はとても簡単で、クレジットカードで買ったものを売るだけ。ただそれだけです。しかし、私たちが自分で高く売れる商品を探すことは不可能です。1日やそこらで高く売れる商品のリサーチに成功できたとしたら、きっとクレジットカード現金化業者は無くなってしまいます。
そのためにクレジットカード現金化業者が存在しています。それも80%や82%で換金してくれるのだからありがたいものだと思いませんか?

クレカランクでは店舗型をご紹介

クレジットカード現金化業者には
①店舗型
②キャッシュバック型
上記の二種類が存在します。賛否両論ありますが、クレカランクでは①店舗型のみを掲載しています。と言いますのも②キャッシュバック型は・振り込まれない・リスクが大きい・思ってた金額よりも買取額が少ない。という例が多少なりとも存在するようです。また、私が利用した経験からも店舗型を推したいと思い、クレカランクでは店舗型に絞ってご紹介させていただきます。

クレジットカード現金化店舗型の具体的な流れ

上記でもさらっと書きましたが、こちらではより細かく店舗型のクレジットカード現金化の流れについて紹介します。もちろんお店によっても異なりますが、私の実体験と様々な情報をもとになるべく正確な情報をお届け致します。

商品を教えてもらう

まずはクレジットカード現金化店舗に来店が必要です。そして店員さんにクレジットカード現金化の流れや金額の打ち合わせをします。この際にわからないことや要望はしっかりと伝えたほうがいいです。その後買い物をするお店や商品を教えてもらい、いざ買い物に向かいます。
ここで勘の良い方なら気付くかもしれませんが、クレジットカード現金化のお店で決済し、その場でやりとりをすることは経験上ありません。この場合クレジット会社は【ここはクレジットカード現金化をやっているお店】と把握しているので、このようなところでクレジットカード決済をするとクレジットカードがすぐに止まってしまうからです。さあ買い物に向かいましょう!

商品を買いに行く

先ほど店員さんに教えてもらったお店で指定された商品を買い物します。先ほども申し上げましたが、クレジットカード現金化とは別の場所まで移動します。ただ、基本的には店舗の近くで買い物する事が多いような気がします。大体歩いて5分少々の場合がほとんど。それ以上かかるとやっぱり面倒ですもんね!事前に電話をしてこの辺の事は確認しておいてもいいかもしれません。車が必須だったりすると大変なので…

店舗で買い取ってもらう。

先ほど買い物した商品を手に再度店舗に戻ります。検品作業ののち買取金額を用意してくれます。買い物に行っている間にお金を用意してくれている場合がほとんどのため、ほとんど時間はかからないと思います。長くても5分程度ではないでしょうか。

クレジットカード現金化に必要な持ち物

必要なものはほとんど無いに等しいですが、クレジットカード現金化には2点だけとても大事な必需品があります。この2点を忘れてしまうとクレジットカード現金化をすることはできないので注意が必要となります。

身分証とクレジットカードさえあればOK

クレジットカード現金化はどこの店舗も持ち物に関しては同じです。それがクレジットカードと身分証。クレジットカードに関しては使いたいクレジットカードを持っていけばいいのですが、この身分証というのはどの様なものが使えるのでしょうか。こちらではさらに細かく説明します。

免許証

身分証としての定番といえばやはり免許証ではないでしょうか。免許証さえ持ち歩いていれば、日常生活で身分証の携帯で困る事はほぼありません。写真もついているので、写真付き身分証の提示を求められた際にも大活躍です。もちろんクレジットカード現金化の際に身分証として利用する事も可能です。

マイナンバーカード

こちらも写真がついているので、何かあったときに身分証として使用できます。ただ、扱いには気をつけたいところ。裏面の個人番号のコピーや控えを取ることはいかなる場合でも禁止されています。
提示の際はその辺りもよく確認してから渡す様にしたほうが良いでしょう。

パスポート

公的な身分証としてパスポートも日本では認められています。なお、普段持ち歩くのは少し大きい点を考えると少し不便でしょう。また、有効期限が切れていたり住所を自筆で記載していない場合は身分証として使用することは出来ない様です。もし身分証として使えるものがパスポートのみの場合、事前に有効期限の確認と住所は書いておくと良いです。

保険証

会社で配布される健康保険証・個人で契約する国民健康保険があります。どちらも身分を証明する際に使う事ができます。保険証を使う時と言えば病院くらいなものではありますが、この様に身分証としても使う事ができる事から、普段から財布に入れている方も多いのではないでしょうか。

住基カード

マイナンバーカード以前に多く使われていたみたいです。私はこの記事を書いていて初めて住基カードというものを知りました。住基カードは正式名称住民基本台帳カードというもの。すでに発行が終了しているため、今後の新規発行はできません。もし持っている場合は有効期限内であれば利用が可能だと思われます。住基カードが身分証として使えるかどうかの詳細は店舗まで確認してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード

クレジットカード現金化の主役がクレジットカードです。クレジットカードがない場合はクレジットカード現金化をする事ができませんので注意が必要です。
最近ではケータイ会社が発行しているプリペイドカードや、オンラインだけの利用が可能なバーチャルカードがあったりと、いろいろなクレジットカード様式が生まれています。各社ともに様々な現金化に対応できる様に

日本一わかりやすいクレジットカード現金化の解説でした。

とても便利で、ここぞという時に役立つクレジットカード現金化。困っているなら使ってみてもいいと思います。いきなりたくさんの金額だと少し躊躇してしまう時は、例えば2万円だけ試し、良かったら二回目はメインで利用してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる