クレカランク!

クレジットカード現金化で安心できるお店を選ぶポイントとは。

クレジットカード現金化をする時に、まず行うのがクレジットカード現金化のお店選び。

しかし、クレジットカード現金化が初めての場合はどのようなお店がいいのか、わからない人も多いと思います。そこでこちらのページでは、クレジットカード現金化のお店選びのポイントを解説いたします。

このページの説明

お店選びで大事なポイントは主に4点

所要時間

換金率

安心かどうか

実店舗がある

が主にこちらで解説する内容となります。時間が長くてもいいお店とはいえません。また、換金率が低いお店もお勧めできません。安心のできないクレジットカード現金化は絶対によくありませんし、実店舗がないのも不安です。

お金に焦っていると、どれかを犠牲にし・なんとしてでも現金を得ようとすることもありますが、そんな時はどうか当サイトを見て一旦落ち着いてください。

では時間から順番に解説をスタートします。

①クレジットカード現金化の時間編

クレジットカード現金化の流れは、主に下記のような流れ。

来店→店員さんの話を聞く→クレジットカード現金化の買い物をする→買い取ってもらう。が主な流れ。過去に経験したクレジットカード現金化の中だと、ほとんどの業者がこのような流れとなります。

この一連の流れでどれだけの時間がかかるのかが問題です。そこで、クレカランクが一つの指標を用意しました。

現金化金額時間
1~500,000円10分
500,001~1,000,000円15分
1,000,001~20分~30分

上記の表を参考にし、クレジットカード現金化をする前に各店舗に問い合わせし、時間を確認してみてください。上記の時間内に確実に収まるのであれば、それはだいぶスピーディーなお店だと思います。

クレジットカード現金化の時間はここに費やされます。

クレジットカード現金化で時間のかかる部分は

クレジットカード現金化のお店までの時間。

・そのお店でクレジットカード現金化の説明を受ける時間

・クレジットカード現金化の買い物に行くまでの時間

・クレジットカード現金化の買い物をする時間

・クレジットカード献金化の店舗に戻る時間

・査定&お金をもらうまでの時間

になるはずです。ここまでを全部確認するのは一苦労。そのため、特に大事な1つのみをピックアップします。

・クレジットカード現金化の買い物に行く時間が特に大事

クレジットカード現金化業者の店舗から、指示をされた商品を買いに行くまで。その時間がとても大事です。

徒歩5分の場合は往復で10分程度。10分なら往復で20分もかかってしまいます。もし選ぶなら、買い物までの時間が近いお店がおすすめです。

②換金率編

続きまして換金率。

換金率はクレジットカード現金化の中で一番大事な部分。換金率が悪い場合、どんなに現金化業者の対応が良くてもその店舗を選ぶ事はないでしょう。

なお、換金率は80%以上を狙っていきたいところ。

さらにはクレジットカード現金化の金額によっても変わるのか、事前に確認が必要です。

現金化業者が安心できる業者か確認しましょう。

クレジットカード現金化は、古物商を取得して営業をしています。そのため、店舗のドア入り口に古物商許可証があるはずです。こちらを発見できればまずはクリアです。

さらに、その業者の案内する商品でクレジットカード現金化をしても、本当にクレジットカーが止まったりしないのかをしつこいくらいに確認しましょう。しっかりと真摯に対応してくれるスタッフさんであれば、ほぼトラブルになる事はないと思います。

実店舗がある

実店舗の有無は非常に大事です。

実店舗型のクレジットカード現金化は、実際に店舗に出向いてスタッフさんに確認をすることができます。

逆に無店舗型のクレジットカード現金化の場合は、表記上は銀座や渋谷・麻布十番などのかっこいい住所ばかり。ですが実際はレンタルオフィスを登録しているため、その住所には誰もいません。そのため 、万が一何か問題が起きても相談に乗ってくれる事はないでしょう。

安心できる店舗選びはどうでしたか?

クレジットカード現金化で安心できるお店を選ぶポイントは、クレジットカード現金化の時間が早く…換金率が高くて安心の実店舗型のお店ということになります。

カードランクがこの中でひとつ、特に大事なカテゴリを選ぶとしたら…それはおそらく【時間】です。

札幌にクレジットカード現金化業者の換金率は非常に高く、すでに日本全国を牽引しているレベルの換金率。変動しても1~2%なものです。

しかし。クレジットカード現金化の時間は、クレジットカード現金化業者の選び方によって大きく変わってきます。早ければそれほど企業努力をしているということ。さらに時間がかかる業者はそれほど努力をしていないということに。

まずは時間から聞いてみるのもどうでしょうか。

このページの説明